電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

【2019年の電験日程】申込開始日・締切日・試験日とインターネット申込の失敗談

申込締切に怯える日々が続く

これは電験を受験する方にとって、よくあることだろう。

不安に駆られる一番の理由は

「年に一度しかない試験」
「申込を逃すと1年を棒に振る」



これらを持ちつつも、申込をするのが億劫だった経験が自分にもある。

「合格するつもりなら、申し込んでしまおう!!!!」

f:id:denken_1:20190323061851j:plain

 

 【申込開始】
5月27日(月)

【申込締切】
6月12日(水)



経験した失態

試験関係の日程も紹介し終えたところで、自分の失敗談を紹介したいと思う。

人生の中でも、かなりめちゃくちゃ焦った体験だった。二度と経験したくない。


申込締切日の前日の話になる。

しかも、事は真夜中に起こった。


自分は資格試験の申込をする際、インターネット申込をよく利用している。


「ネット申込は怖い」などといった話はよく聞くものの、実際、ネット障害など経験したこともないし、正直ガセネタだとも思っていた。


ところが、ネット障害は実在した!!!!!


しかももっと厄介な状態に陥った。

「申込が完了しない」「お金が入金されたかどうか不明」といった事態に巻き込まれたのである。



さらに、ここで電験申込の恐ろしさを伝えておくと

「なぜか電験の締切は平日」なのである

たいていの電験挑戦者は、平日仕事をしているだろう。

締切前日に申込失敗すると、次の日はリカバリーできない。


つまり、手遅れなのだ。仕事場で電話する羽目になる。



この時点で紙系での申込は不安すぎた。手違いが起これば、即時間切れだ。


とにかく考えた。

・・・



・・・

・・試験センターに問い合わせを


いや、たぶんダメ。


(試験センターにいい思い出がない)


とにかく追い込まれていた。
汗をめちゃくちゃかいたことを覚えている。


・・・仕事は休むことはできない。


とりあえず、会社に出社した。


結論、どうしたかと言うと




「時間を空けて、二回申込をした」のである。

1万2400円×2=2万4800円

大打撃である。
結果、返金してもらえなかった。

さらに言うと、申込締切当日は電話が繋がらなかった。予想通りだった。休憩時間を使って、10分以上電話したが駄目だった。


この経験から学んだこと
それは「申込前日には申し込んではいけない」ということだ。


6月10日(月)

この日までに終わらせておくことをオススメする。

自分からの最も価値のあるアドバイスだと思う。

 

申込に関する注意事項をまとめた記事はこちら