電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

仕事は勉強する時間。電験を生活の中心に置くと合格確率は上がる話

お疲れ様です。

試験まであと約1週間。ここまで来ると、コンディション調整をしつつ最後の追い上げをする時期になってきます。


以前の記事(【電験試験直前】復習が大事!?新知識の取り入れが大事!? - 電験合格からやりたい仕事に就く)でもお伝えしましたが


この時期は「復習」と「新知識の取り入れ」のバランスが重要になってきます。




「復習」×「新知識取り入れ」×「勉強時間」



いきつくところがここになります。


本ブログの読者の中には

「勉強モードに入るためにブログ読んでます」といった方もいて、やる気を出すきっかけになれていることを知りました。


やる気が上がれば、勉強時間は確実に増えます。
つまり、復習や新知識の取り入れを行う時間を増やすことができるのです。


自分はここに貢献できると考えています。自分が役に立ったなという情報も入れ込みつつ配信しますので「勉強のきっかけ」にしてもらえればと思います。


今日も悩みに答えていきます。

 

仕事を勉強時間にしてしまう

「仕事がつらい」
「勤務時間が長すぎて勉強できない」

こういった悩みは尽きないです。
自分も極限まで精神や肉体を酷使しながら、仕事完了を要求されることがあります。


昼休みを半分くらいに削られるのが一番キツイ。単純に時間がなくなるのは効率も下がりますし、疲労も溜まります。

 

この環境は経験上、間違いなく、変えた方がいいです。

 

選択肢は大きく分けて2つあります。


①仕事自体を減らす工夫をするか


②仕事の中で勉強するか

 

 

自分の経験を踏まえて、深堀していきます。

 

①仕事自体を減らす工夫

試験を控えた時期であれば尚更

「休暇を取る」
「残業をしないという方向で上司に話をする」


という選択肢を取った方がいいでしょう。



「いやいや・・・言っても変えらないですよ。代わりの人がいない」と仰る方はいます。(実際、自分もそうでした。気まずくて言えなかったタイプ)


しかし、よく考えてみて下さい。
貴方が行っている仕事、他の人でも99%できます。


他の人が出来ない仕事って、思っている以上に少ないです。


「高度の技術が要求される仕事」以外、担当者変更が基本的にできます。


もし、人がいなかったら、上司が代わりにやるという選択があるのです。表現を変えると「プレイイングマネージャー」です。


この言葉はご存じでしょうか。


部下の管理もしながら、担当が行う仕事も持つといった働き方です。働き方改革の一つでもあります。


会社の組織は役職が上がるほど、雑用が減る仕組みになっています。しかも、会議や管理をする仕事が増えるので実労働は減るようにできています。


何かあっても、担当の仕事に対応できるようにバッファがあるのです。

上司はあなたの仕事を見ています。
「出来ない出来ない」という上司はただやりたくないだけで、実はできます。


資格取得は、現在の会社にとってかなりの優遇されます。会社にとっても、資格持ちの従業員がいるということはステータスにもなります。

会社にもメリットがあるので、資格取得が推奨されているのです。

 

資格取得のために「仕事を一時的に減らしたい」という相談をしてみると、状況は確実に変わると思います。

 

いきなり話を持っていくのではなく、立ち話や喫煙等の休憩時間に話をスッと出すのがコツでしょう。

「こいつを応援してやるか」と思ってもらえるといい流れができるでしょう。※

※部下の資格取得は上司の評価アップにも繋がります。

 

②仕事の中で勉強する

これは仕事の中で「勉強時間を作り出す工夫」をしようというものです。


以前、自分は待ち時間の多い仕事だったのでノートをコピーし、公式やポイントを学んだりしていました。

最終的にはレベルがあがり「問題だけを見て頭の中で解く⇒解答チェック」といったこともしていました。

 

仕事はフルで行うことは義務付けられていません。必ず休憩時間が労働基準上、確保されています。


仕事場の環境によるのですが
PCがあれば、PCで勉強できると一番良いですね。


もし、PCがなければ休憩の素振りを見せつつ、手帳等に書いた電験の知識を復習すると良いでしょう。

 

「1時間おきに復習する」をルール化してみましょう。


試験直前の集中力がある今なら、ものすごい勉強効果が期待できるはずです。

 

1時間おきに10分復習したとして、19時に帰宅する日を考えてみると

「10分×7回=70分」


電力科目や法規科目なら、かなり暗記できそうですよね。


機械科目なら誘導機や同期機の計算をマスターできそうです。(完全に個人的なアドバイスになるのですが、同期機なら比例推移の勉強がおすすめ。高確率で出題されるからです。点も取りやすいから。

 

ここまで「仕事の中に電験の時間を作り出す話」をしました。


もし、仕事が電験に直結するような内容であれば、それは活用するしかないです。


ルーティンワークは先送りできるものはしてしまい、自分の業務の深い勉強をしてみるといいでしょう。




自分の仕事の理解度を高めることができる上に、電験の勉強もできる。


やっていない方は勿体ないです。
電験と仕事を完全に切り分けるのではなく、共に成長させるような環境を自分で作ってみるといいでしょう。

 

自分はこれを効果的に行い、電験1種の一次試験を2ヶ月で突破しました。上司が仕事を教えてくれる方でしたので、仕事でも成長しましたし、それが電験の知識にもなりました。

 

上司も自分を活用するので、自分も上司を活用するといった考え方を持つと、いい流れを作り出せるので挑戦してみて下さい。

後輩に教えて下さい、アドバイスを下さいと言われたら、大半の方は喜んで教えてくれると思います。

 

まとめ

以上「仕事は勉強する時間。電験を生活の中心に置くと合格確率は上がる話」の記事になります。

 

試験までの1週間はできる限り、時間を作り出しましょう。

疲労が蓄積してくると、知識の吸収もしづらくなりますので、適宜休憩を取っていくことも忘れずに。


この記事を見て、時間の作り出すきっかけになってくれればと思います。

 

参考情報

以前、自分は本当に「社畜」でした。
言われた仕事は全て受け、とにかく残業していました。資格試験の取得など考えられるような状況ではありませんでした。


しかし、今は社会が違います。
会社が「資格取得」を推奨しているのです。

 

社内の勉強会が盛んに行われている会社も多くなったと感じます。こういった流れには乗るようにして、上手く時間を作り出しましょうね。

 

自分のような犠牲者を減らしたいと思って記事を書きました。
雑務のような仕事はあっという間に社内ですら価値を失うので、かける時間を減らした方がいいですし、そもそも1人で抱えることはやめた方がいいです。