電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

高専卒こそ資格を取っておくと将来安泰【結論:他との差別化が大切】

お疲れ様です。

 

 

電験を研究し続けている桜庭裕介です。


簡単な自己紹介をします。 

【電験研究歴】

①電験1種20年分以上(昭和も入れたらもっと)

②電験2種20年分以上

③電験3種15年分以上

 

⇒雑誌連載を掴むことに成功

 

電験の研究がメインですが
電験の市場価値についても定期的に確認するようにしています。

 

 

今日は「既に流行ワードでもあるライフハック」



人生を優位に進めるために役立つ話をします。

 

 

最近、求人広告を見ましたか??

 

 

 

昔と結構変わりました。

 

 

「資格の有無」でめちゃくちゃ待遇が全く違うことに気が付くと思います。

 

 

「資格を取っても、手当で1000円しか給与が上がらなかった」

「資格を取っても、役立たない」

 

などと仰る会社の先輩がいますが、これは認識が違っています。

 

 

本記事ではここを解説していきます。

 

一緒に社会勉強していきましょう。

 

高専卒こそ資格を取っておくと将来安泰【結論:他との差別化が大切】

先に重要なことをお伝えしておきます。

 

資格はあなた自身の価値を高めるものです。

 

いやいや、高専を卒業しているので、電験をはじめとする資格なんて必要ないです。などと仰る方もいますが

 

 

どれぐらい高専卒が毎年排出されるか、認識していますか??

 

 

文部科学省のデータによると、50校以上もあることが分かります。

 

1クラス30人だとして、電気に関するクラスで言えば電気科だけではなく、情報科もいるので2クラス。

 

 

めちゃくちゃ毎年排出されることが分かります。

 

つまり「希少な存在ではない」ということ。

 

仕事場が合わないことが往々にしてある社会

こちらの記事(高専生に電力会社はオススメしない【出世は無理|割り切るならアリ】 - 電験合格からやりたい仕事に就く)が具体的でエグイといった感想を得ていますが、的を得ているかと思います。

 

 

出世といった環境だけではありません。

 

 

「上司が嫌味な人間であること」もあります。

 

「自分の仕事だけやってればいいや」「後輩育成なんて知らないね」といった主任もいます。

 

優秀でも潰れてしまう環境というのは結構あるものです。

 

 

そうなった時、異動も叶わなければ

・休職するか

・転職するか

 

この選択肢しかありません。

 

 

ここで「希少な存在ではないこと」が問題になってきます。

 

変な職場を変えようとしたとき、自分という製品のアピール要素がないと困る

「高専卒」だけでは希少ではないとお伝えしました。

 

もし、あなたの志望する職に、他の高専生も応募していたとして、戦って勝つ自信がありますか??

 

 

これまでの「業務実績」や「トークスキル」といったものを持っていれば、戦うことはできるかもしれません。

 

 

しかし、そのスキルって、みんな、結構持っています。

というより、準備をして作り上げた上で転職の場に挑んできます。今やエージェント※を活用して、トレーニングをしてきます。

 

 

※エージェントとは

就活・転職のプロ。ベンチャー企業だけではなく、マイナビ等の大手まで始めたサービス。面接でどう話をすればいいかを徹底研究している。それがお仕事。

このあたりを分かりやすく解説したのがこちらの記事(電気業界でホワイトの仕事を探すには【結論:ツール活用が鍵。仕事をどんどん試そう】 - 電験合格からやりたい仕事に就く

 

難易度の高い資格を取っておけ

こういった背景もあり、自分は「資格を持っておけ!」と後輩たちには伝えるようにしています。

 

例えば、電験。

この資格はそう簡単に受かるようなものではありません。

 

高専時代に学習した知識だと、電験3種の問題は半分も正解できないでしょう。つまり、勉強が必要で根気も求められる資格。

 


高専の1クラスの半分以下は合格できないでしょう。

 

クラスの半分以上は合格できるのか・・と思うかもしれませんが、クラスの半分以上が皆転職することはそもそもあり得ません。

 

しかも、クラスの一桁台の人間は優秀であるものの、コツコツした勉強が苦手だといった人間もいます。いわゆる過去問暗記タイプの人間ですね。こういった方も合格できないでしょう。

 

 

つまり、どんどん希少価値は上がっていくのです。

 

 

このように難易度の高い資格を1つ持っておくだけでも、あなたという人間の個性ができてくるのです。

 

 

※続きは校正後、配信します。