電験合格からやりたい仕事に就く

電験・仕事・電気資格情報を配信

会社こそ因果応報の世界【結論:他人を責めすぎない事】

「人を責め過ぎた」「部下を感情で叱り過ぎた」「業者を怒鳴り散らした」という経験は誰もがあると思います。

 

ここで学ぶ事は「責めすぎても得はない」という事。ここを記事にします。

 

 

おはようございます。

電験と電気業界を研究している桜庭裕介です。

 

簡単な自己紹介を添えておきます。

 

≪実績≫
❑転職関係❑

『残業10時間以下』&『年収変動なし』の企業に転職成功

 

 

❑電験研究歴❏
トータル100年分の過去問を分析。

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

 

≪実績≫

❑電験3種関係❑

【電験|電力(水力発電)】水車まわりの記事がそのまま試験に出題されました


❑電験2種関係❑

電験2種|機械【結論:ポイントを押さえて選択肢を減らす攻略法は有効だった】

❑TOEIC❑
電気エンジニアTOEIC攻略までの道のり【800点までは取れた】

 

今日は「職場での因果応報」をテーマに記事を書いていきます。サラリーマンだけでなく、世の中で活きていく上で非常に重要なことだと思います。

 

会社こそ因果応報って、どういうこと??

会社生活を続けていくと、当然仕事上で他人とぶつかり合うことがある。

 

 

自分に非がある場合もあるし、他人に非がある場合もある。

 

 

社会人経験が増えるほどに力量は向上し、自分が失敗する回数は減っていく。

 

 

だが、ここに大きな落とし穴があることをご存知だろうか。

 

 

ここを深堀していく。

自分の失敗談を紹介するので、是非とも良い会社生活を送って欲しい。

 

後輩に読んで欲しい記事に仕上げる事ができた。

 

一見、遠回りに思えるかもしれないが、会社という枠組みからおさらいしながら、結論に向かう。

 

自分の立場は異動で変わる

まず押さえておいて欲しい事が

 

会社には【異動】がある。

 

という事。

 

異動というのは、自分にとって、追い風になる事もあれば、向かい風になることもある。

 

これをまず認識しておいて欲しい。

 

 

次に、知っておいて欲しい事だが

 

会社には『強い立場の部署』『弱い立場の部署』が存在するという事。

 

 

入社3年4年だと気が付かないかもしれないが、これが社内のパワーバランスというやつだ。

 

 

さらに、部署によって仕事量が異なっていたりもする。

 

 

こういった背景で何が言えるかというと・・・

 

急に自分が忙しい部署&立場が弱い部署に配属になることがある

 

ということだ。

 

さらに、ここに別枠の部署も乱入してくるから会社というのは面倒だ。

 

規制する側が圧倒的に有利

規制をする部署の存在はご存知だろうか?

 

別記事で、サラリーマン攻略を書こうと思っているが

 

 

会社は、基本的に規制する側が圧倒的に有利なことが多い。

 

 

非常に重要な事なので、もう一度言う。

 

 

 

 

 

会社というのは

「取り締まる部署」が圧倒的に負担が軽くて

「ルール順守側」がしんどい思いをする

 

 

ここのイメージがつく人は、大体社会人の仕事というものを理解しつつあるだろう。(年齢を重ねたとも言える)

 

 

分かりやすい例えをしよう。

 

 

電気エンジニアは現場で仕事をするわけだが

 

点検する際には、手順書があって、点検記録を作成するのが日本全国の基本である。

 

 

しかし、その手順書、記録は各社毎どころか、部署毎に違いがある。

 

 

基本的に本質部分だけを記載すれば良いのだが、ここを徹底的に取り締まろうとする人がいる。

 

 

設備は型式毎に形状が異なる事は、誰もが知っていることだが

 

 

「その形状の違いまでも分かるように、手順書に記載しないとダメ!!図を入れて!」というルールを敷かれたことがあった。

 

 

その対象に、電源制御盤も該当したのは驚きだった。

 

 

電源制御盤など、メーカーによって多少形状は違う。だが点検内容は大体同じだ。

 

 

それさえも許さないお達しが出たのである。

 

「微妙に違う手順は全て正しく記載しないとダメだ」というお達しが出て、自分は驚いた。

 

①盤の左側扉を開け、内部にある板の角のねじを外す
②さらに盤の奥の中の板を取り外す
③内部の清掃をする
④盤の中央の扉を開け、内部にある板の角のねじを外す
⑤さらに盤の奥の中の板を取り外す
⑥内部の清掃をする

・・・・

 

これに意味はあるのだろうか?

 

ストレートに言うと、意味はない。

 

徹底的に手順を書かないといけないルールであるため、どこのねじを外すことさえも手順書に記載する羽目になって泣きそうになった。

 

 

超分厚い手順書ができることは想像できるだろう。

 

 

そして、それに対応する記録も膨大になることは想像に容易い。

 

 

これは完全に実話で

この改善により、膨大な時間を失った。

 

 

ちなみに数年かけて、このルールは改善されていったが、名残は残っている。偉い人が変わって、また厳しくなったりしている。

 

 

ただここで知って欲しいのは、ルールがクソだな!ということではなく

 

苦労した人間は取り締まられる側だった

 

ということ。

 

因果応報

「いんがおうほう」という言葉を知っているだろうか??

 

「会社員 因果応報」でネット検索すれば、沢山出てくる。

 

会社という狭い空間では、如何に人を大事にしないといけないかを学ぶことができる。

 

 

因果応報の意味だが

 

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ

 

▽もと仏教語。
行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。

 

 

良い事をすれば、良い結果が返ってくるという行動論を示している。

 

 

もう少し難しい言葉で、詳しく解説をすると

「因」は因縁の意で、原因のこと。

「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

 

 

自分は会社で一通りの経験をした。(当然、年齢的に社長は経験していないが)

 

失敗もたくさんしたからこそ

 

この言葉で「会社での自分の振る舞い」を場面場面で是正するようにしている。

 

 

勝ってもとどめは刺さない

本題になってくるのだが

 

議論で相手と対立することがあったとしても

 

「勝ってもとどめは刺さない」

 

この精神は大事だ。

 

会社生活をしていると、やりすぎな人間というのを見かけることがあると思う。

 

 

非常に攻撃的で相手を徹底的に追い込んで、最後はとどめを刺してしまう。

 

 

公の場で、言葉を荒げたり、相手に自白させるまで質問をしてしまう人間のことだ。

 

 

こういうことを続けていると

 

あなた自身も必ず失敗する日が来る。

 

 

これは間違いない。

 

 

例えば、業者に対して、横柄な態度を取っている人間。

 

 

業者の担当が会社を辞めるほど責める人がいるが、巡り巡って、その悪事は自分に返ってくる。

 

 

担当者が退職してしまったことで、次に担当する人間がもっとダメというケースだ。

 

 

怒っても進まないので、結局自分が全てやるハメになる。

 

 

杓子定規で対応されてしまったり、ミスをしてきたり、融通が利かない年配と相手する羽目になったりする。

 

次は自分が責められる番に・・・

因果応報という言葉は実に恐ろしく、社会を表していると感じる。

 

 

自分はある企業と仕事をすることがあったのだが、プロジェクトマネージャーとして追い込まれたこともあり

 

 

相手企業を責めに責めていた。

 

当然、専務や副社長クラスに成果報告するようなプロジェクトだったので、仕方がないとは思うものの。

 

 

しかし、その仕事が終わり、次の職場に異動になって苦しみを知ることになった。

 

 

これまでは、いわば「自分は天下」という状態で仕事を進めてきたのだが

 

 

場所が変わった途端、知らないことが多すぎて、本領を発揮できなくなった。

 

 

仕組みや教育体制も一切整っていない腐敗した部署に異動となったのである。

 

 

しかし、仕事には期限があって、とにかく走らざるを得なくなった。

 

 

職場にいる人間はクズばかり。(言葉が悪くて申し訳ないが、仕事を知らないという状態の人が多すぎるので、この表現にさせてもらった)

 

 

当然ながら、仕事の成果は良くない。

 

 

徹底的に責められる立場になってしまった。改善にはもの凄い時間がかかった。

 

 

頑張ったものの、いまだなお、その部署の仕事は腐敗したままだ。

 

 

そして、こういった状況でメンタルがいかれてしまう局面で助けてくれたのは

 

 

今まで大事にしてきた後輩たちだった。

 

 

言うまでもなく

 

 

 

 

責めてきた奴らは

 

敵対したことのある部署との繋がりがある人たちだった。

 

 

これは教訓として、今もなお胸に刻んでいる。