電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

【転職サイト厳選】ツライ時期に支えてくれた【電気エンジニア向け】

2019年後半から2020年おける自身の転職経験を踏まえて【転職サイト】の厳選を行った。結論としては「転職サイトは用途によって使い分けるとより効果的だ」ということ。参考にして頂ければと思う。

 

おはようございます。

電験と電気業界を研究している桜庭裕介です。

 

初めての方もいらっしゃると思いますので、いつもの簡単な自己紹介を添えておきます。

❑電験研究歴❏
✔トータル100年分の過去問を分析

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

 

✔雑誌連載を開始
「理論の超入門」

❑TOEIC❑

✔半年で885点取得

電気エンジニアTOEIC攻略までの道のり【800点までは取れる】

一言で言うと、電験をずっと分析している人間です。

桜庭裕介|電験&電気仕事|MBA挑戦中@denken_1
 
 

夢はある?と最近聞かれた。

電気、プラントの運転操作を教えて、自分が飯を食えれば最高だと答えた。

妻子なしなら、小さなアパートの一室で納豆や卵とごはんだけの食事で暮らすと思う(栄養の事は無知)

今後、確実に介護施設の問題が挙がる。
そこに貢献できれば良い。

そんな事を考えている。

 
桜庭裕介|電験&電気仕事|MBA挑戦中さんの他のツイートを見る
 

 

結局使える転職サイトはどこだ!?

これは転職の準備をする際、誰もが思うことだろう。

色々調べていくうちに

「転職サイトは沢山あってよく分からん!」

「結局、どれが良いんだ!?」

・・・こうなるだろう。
実際、自分もそうなった。

 

困り果てた末に結局「よく分からない所にお願いする」という暴挙に出てしまった。12月の出だしは転職サイトの新人と共に苦しむというワケの分からんムダな遠回りをしてしまった。

 

業界チェックも大事だが、それ以上にパートナーとなる転職サイトを知っておく必要がある。

 

今回の長い転職活動の戦いの中で

 

気が付いたこととしては

「転職サイトには【対象年齢】と【用途(条件)】が存在する」

ということ。 

これが自分の経験から得た結論だ。

 

【対象年齢】があることは知っていたが【用途(条件)】は知らなかった。ここは絶対に整理しておいた方が良い。

 

転職サイトに用途(条件)・・??

正直なところ、自分は「エリートビジネスマン」を目指しているわけではなかった。「適切な労働環境で自分のやりたい仕事をしたい」と考えていたからだ。

 

転職サイトに≪求める条件≫としては

①残業はできれば10時間以下

②ノルマなし

③給与は現職と同じ

④現場のスキルが磨ける所

 

だが、これらには【年齢】という制限がかかる。

 

・・・実はこれらの条件を設定した場合、即使用不可となる転職サイトがある。ビズリーチ、リクルート(ハイクラス)といった「ハイクラスの転職サイト」だ。これらの転職サイトが紹介してくれる案件はどれも「高給(年収700万円800万円以上)」だからだ。

 

ちなみに国内企業で≪上記の条件≫を満たす企業はない。そのために自分は給与交渉を行った。(詳細はこちらの記事参照(電験とTOEICで年収50万円を上げた話【結論:交渉は絶対すべき】 - 電験合格からやりたい仕事に就く))

 

ハイクラスの求人はどうしても残業が必要になる。国内企業だとここは避けられない。余程の役職でない限り、残業なしで高収入はあり得ない給与体系になっていることは認識しておかないといけない。

 

「年齢」「年収」「残業時間」を考えた上で転職サイトは使うべきだ。むやみやたらに高給に飛びつくと痛い目を見る。(数年後に海外という案件も・・・)そのため、自分はハイクラス転職サイトの活用を途中で止めたことを冒頭にお伝えしておく。

 

転職サイトの分析結果

転職サイトは自分の年齢によって使い分けること。

自分はワケも分からずに某転職エージェントサイトを利用していたが、30代の求人に強くないエージェントだった。(意外と30代の転職に強くない転職サイトは多いから注意)※

※街の小さな生産工場のメンテナンスをするブラック企業を紹介されてしまった。今の時代、勤務時間のログを残すことは当たり前なのにそれを嫌っている所長だった。

20代に特化したサイト

20代という強みを引き出してくれる専門家。

20代には20代同士の競合がいて厳しい闘いを強いられる事もある。自分の軸をきちんと整理し戦いの準備をした人がキャリアアップを掴める。軸が見つかっていない場合には、エージェントに引き出してもらうのはアリだ。

1.マイナビエージェント20's

f:id:denken_1:20200426002034j:plain

【公式リンク】マイナビジョブ20'sで相談

 

やはり王道の転職サイトは強い。
低迷した時期があったものの完全に持ち直したのはさすがだ

「システムが使いやすい」「面談で多くの求人を出してもらえた」など、大手ならではの強みを感じる人は多い。

自分も実際に利用して内定に繋げてもらった経験があるが、総合的に求人を提案してくれたので満足度は高かった。

また、非公開求人もマイページで検索できるため、他社に無い求人を見ることができる。転職活動時には登録しておいて間違いないだろう。

 

❑「マイナビエージェント20's」の満足ポイント❑

・20代に特化している求人が有り難い

・相談から提案までが早いのが良い

・他社にはない求人を持っている

・スカウトメールがかなり深いレベル

❑公式ホームページ❑
マイナビジョブ20'sで相談

 

2.リクルートエージェント

 

【公式リンク】リクルートエージェント

リクナビは非公開の求人に強い!

※マイナビとの差別化はここで図っているとも言えるだろう

 

非公開求人が多いのはやはり転職サイトの乱立により、基準に達しない人材が増えてしまい、広告効果が薄まってしまったことが原因だろう。

実際、転職に詳しい有名なサラリーマンがyoutubeで発言したりもしているので間違いない。

特に転職活動の初期は自分の希望条件すらぼんやりしている人が多いはず。沢山の求人を見る中で自分の知識と感覚を養うという意味でも役立つ。(実際自分もエージェントさんとやり取りする中で狙う条件が見えてきた。)

❑「リクルートエージェント」の満足ポイント❑

・かなり世話を焼いてくれて助かる

・希望条件にかかる求人がかなり多い

※というより条件を「ここまで絞れるのか」という発見があった

❑公式ホームページ❑ 

リクルートエージェント

 

30代以上の求人に強いサイト

30代の戦い方は複雑化する。

家族がいる人、仕事の実績がない人は戦い方を工夫する必要があるだろう。厳しいことを言うが、実績も資格もない人はキャリアアップは正直厳しいのでエージェントと戦略を練って企業を絞り込むと良いだろう。

1.マイナビエージェント

f:id:denken_1:20200426084138j:plain

【公式リンク】マイナビエージェント

 

マイナビは年々強化されている。

リーディングカンパニーはやはり凄い。

実際、今回の転職活動で30代の業界にも強いと感じた。(不謹慎かもしれないが、女性の声に癒されつつ頑張ることができた)

「仕事の実績がない人」「資格を持っていない人」に向けた戦略相談がかなり役立つはずだ。自分が思っている以上に企業は実績を重視する。

❑「マイナビエージェント」の満足ポイント❑

・企業の選定が素晴らしくリスト化は有り難い

・30代転職者用の求人を持っている

・戦略相談が役立つ

❑公式ホームページ❑
マイナビエージェント

2.リクルートエージェント

 

【公式リンク】リクルートエージェント

 

20代だけでなく、30代の求人広告数も圧倒的に多いことを今回実感した。

実際、自分は転職活動のスタート時は自信がなかったし、よく分からない大企業をまた選ぼうとしていた。

非公開求人を紹介してもらう中で、沢山の仕事があることを知り、そしてそこまで苦しんで仕事をしていない企業があることも知った。

規制の厳しい業種もあれば緩い業種もあり、さらには企業によっても仕事がしやすそうな雰囲気が伝わってくるサイト作りにしていたりする。

❑「リクルートエージェント」の満足ポイント❑

・30代でも沢山求人を持っている

・30代でも劣等感を感じることがない受け答え

・自分の軸がどこにあるのかを聞いてくれた

❑公式ホームページ❑ 

リクルートエージェント

IT業界(WEBデザイナー・ゲーム含む)

転職・フリーランスの両方の働き方がある世界を覗いてみよう。近々、自分はフリーランスとして仕事を取りに行く。

実はゲーム業界に転職挑戦をしたことがある。
自分は未経験なのに勢いだけでゲーム業界に挑んだのだ。詳細はこちらの記事(電気エンジニアがゲーム会社転職!無資格未経験の無謀な挑戦で合格した話|これから仕事を変える人が読む記事② 

 

当時は無我夢中でUNITYでゲームを作って持ち込んだ。今はサービスも進化している。未経験で面接に行くのはリスキーすぎるので、プロに相談してから行くべきだろう。

 

1.レバテックキャリア

f:id:denken_1:20200426004558p:plain

【公式リンク】レバテックキャリア

 

レバテックは「圧倒的求人数」と「手厚いサポート」が魅力の企業だ。

電話で細かく悩み相談してくれるのが有り難い。特に経験の浅いエンジニアが転職活動は分からないことだらけなのでサポートは受けておいた方が良い。

「現状のIT業界はエンジニアとしての経験が浅くても大丈夫ですか?」といった質問をするというのもアリだ。

基本的に自分はPCに関わる仕事を探るときはここを活用している。デスクトップに貼っておき、更新情報がある度に見る癖をつけている。

 

❑「レバテックキャリア」に満足できたポイント❑
・電話での手厚いサポート

・豊富な業種情報

・IT初心者でも優しく教えてもらえた

・フリーでの仕事を共有してもらえる

❑公式ホームページ❑
レバテックキャリア

※実は自分、現在キャリアのステップアップを計画している。WEBデザインの仕事で収入を得ようと考えていて、さらにはコンサルティングの仕事経験も積みたいと考えているためだ。レバテックに登録することで情報を効率的に吸い上げることができている。