電験合格からやりたい仕事に就く

電験・仕事・電気資格情報を配信

J(ジュール)とW(ワット)の換算を超簡単に【覚え方が大事】

「J(ジュール)とW(ワット)」

これが実に鬱陶しい。そう感じる人は多いと思う。是非とも、この記事でマスターしていって欲しい。ちなみに自分は完全に忘れることがありません。何故なら、覚え方を工夫しているからです。

 

簡単な自己紹介を。自分は

・電気エンジニア
・オンラインで電験の質問回答
・企業の電験講座の質問解答作成
などをしており、講師業と参考書執筆を機に株式会社設立に向けて頑張っている者です。一番大きいものはnote株式会社様からは「電験マガジン」という場を頂いて、試験対策や自分が挑戦する姿と経験値を共有する仕事です。

本題に入ります。

ジュールとは何か

「仕事量・エネルギー・熱量などの単位」

さらには

物体に1Nの力を加えて、その物体を力の方向に1m移動させたときの仕事量を表す

などと定義される。

 

電気的には

1Wの電力で1秒間電流を流した時に発生する熱量

とも定義される。

 

また「1kWhは3600kJ」「1Whは3.6kJ」と覚えるように!!などといった学校の先生がいたりする。そんなテキストもある。

 

・・・

 

・・・

 

覚えられん。

これが正直な感想である。

しかも、もっと複雑な話が教科書等に記載されているが、自分は物理学者でもないし、研究者を目指してもいない。

 

目指すは「点の取れる存在」である。

 

公式や定義は表現を崩す。

より覚えやすくする。

試験に持っていける容量の知識にする。

 

ここを狙って、J(ジュール)とW(ワット)の変換にだけ着目したいと思う。

 

W(ワット)はこう覚えておくと良い

1W(ワット)とは1Jの仕事を1秒間したときの値

色々覚えさせられたと思うが、これが一番いい。

何にでも対応が効くからだ。

 

エネルギー管理士ではWとJの換算をいやらしく問う問題も出るが、それにも対応できるようになる。

 

まず、3600。

電験の必須知識の一つとも言えるだろう。

 

これは「1時間3600秒」のことを言っている。

 

1時間は60分

これは誰でも知っていることだが、秒になると、うっとなる人もいる。それが良いとか悪いとかではない。(必要なければ、別に知らなくたっていいと個人的には思う。)

 

ただ電験では困るので整理しておこう。

1分は60秒だ。

 

従って「1時間=60分=3600秒」

ということである。

 

ここでWの定義と繋がってくる。

 

1kWh=3600kJ

これがエネ管、電験でよく見る換算。

 

まずは1Whという単位も合わせて知っておこう。

1Whとは1Wの電力を1時間(3600秒)使用したときの値

である。

 

つまり「1W=1Jを1秒」という本当の基本形で覚えていれば、1Whは3600Jと簡単に答えることができるのである。

 

数字を暗記するのではない。

1Wは1Jを1秒と理解するだけなのである。

 

まとめ

1kWhは何ジュールか??

1kJは何kWか??

 

これらが分からないと失点する問題がある。

ここでの失点(損失)を無くすべく、記事にまとめてメッセージとして送ることにした。是非とも、根底から理解し、換算に苦しむことのない生活を送って欲しい。

広告です

「電気(電験や電工)を学びたい人」「ビジネス本を実践したらどうなるのかを知りたい人(テクニック論を実際にやってみるのが自分です)」「身近な所で会社を作って上手くいっている人の実例を知りたい」「実際に仕事を創って仲間でやり遂げる」など、かなり展開させていますので、一度覗いてみて下さい。

電験マガジン(電験攻略研究所)|桜庭裕介/桜庭電機株式会社|note

試験用途で読む方もいますが、参加し続けてくれている方もいます。有り難いことに60名~80名ほど読んでくれている人がいます。(今は電験2種二次試験直前なので、毎日オンライン自習室で互いに切磋琢磨やっています!)