電験合格からやりたい仕事に就く

電験・仕事・電気資格情報を配信

J(ジュール)とW(ワット)の換算を超簡単に【覚え方が大事】

「J(ジュール)とW(ワット)」

これが実に鬱陶しい。

そう感じる人は多いと思う。

 

是非とも、この記事でマスターしていって欲しい。

ちなみに自分は完全に忘れることがない。

何故なら、覚え方を工夫しているからだ。

 

何度も忘れ、授業で苦しみ、定期試験で苦しみ、電験で苦しんだ経験がある。それ故、エネ管ではここに関する問は完璧に正解を出せた。

 

冒頭から熱い話になってしまったが、自己紹介を書いておく。

 

おはようございます。

電験と電気業界を研究している桜庭裕介です。 

初めての方もいらっしゃると思いますので、いつもの簡単な自己紹介を添えておきます。

≪実績≫
❑転職関係❑

『残業10時間以下』&『年収変動なし』の企業に転職成功

※詳細を下記のnoteに集約
電気エンジニアとしての決断【超大手企業を退社する選択】

❑電験研究歴❏
✔トータル100年分の過去問を分析

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

 

✔雑誌連載を開始
「理論の超入門」

❑TOEIC❑

✔半年で885点取得

電気エンジニアTOEIC攻略までの道のり【800点までは取れる】

一言で言うと、電験をずっと分析してきた人間。

桜庭裕介|電験&電気仕事|MBA挑戦中@denken_1
 
 

夢はある?と最近聞かれた。

電気、プラントの運転操作を教えて、自分が飯を食えれば最高だと答えた。

妻子なしなら、小さなアパートの一室で納豆や卵とごはんだけの食事で暮らすと思う(栄養の事は無知)

今後、確実に介護施設の問題が挙がる。
そこに貢献できれば良い。

そんな事を考えている。

 
桜庭裕介|電験&電気仕事|MBA挑戦中さんの他のツイートを見る

 

試験の問題を解かせたら、結構強い現役選手です。

忘れにくい覚え方を研究したりしています。

 

本題に入る。

 

ジュールとは何か

「仕事量・エネルギー・熱量などの単位」

さらには

物体に1Nの力を加えて、その物体を力の方向に1m移動させたときの仕事量を表す

などと定義される。

 

電気的には

1Wの電力で1秒間電流を流した時に発生する熱量

とも定義される。

 

また「1kWhは3600kJ」「1Whは3.6kJ」と覚えるように!!などといった学校の先生がいたりする。そんなテキストもある。

 

・・・

 

・・・

 

覚えられん。

これが正直な感想である。

しかも、もっと複雑な話が教科書等に記載されているが、自分は物理学者でもないし、研究者を目指してもいない。

 

目指すは「点の取れる存在」である。

 

公式や定義は表現を崩す。

より覚えやすくする。

試験に持っていける容量の知識にする。

 

ここを狙って、J(ジュール)とW(ワット)の変換にだけ着目したいと思う。

 

W(ワット)はこう覚えておくと良い

1W(ワット)とは1Jの仕事を1秒間したときの値

色々覚えさせられたと思うが、これが一番いい。

何にでも対応が効くからだ。

 

エネルギー管理士ではWとJの換算をいやらしく問う問題も出るが、それにも対応できるようになる。

 

まず、3600。

電験の必須知識の一つとも言えるだろう。

 

これは「1時間3600秒」のことを言っている。

 

1時間は60分

これは誰でも知っていることだが、秒になると、うっとなる人もいる。それが良いとか悪いとかではない。(必要なければ、別に知らなくたっていいと個人的には思う。)

 

ただ電験では困るので整理しておこう。

1分は60秒だ。

 

従って「1時間=60分=3600秒」

ということである。

 

ここでWの定義と繋がってくる。

 

1kWh=3600kJ

これがエネ管、電験でよく見る換算。

 

まずは1Whという単位も合わせて知っておこう。

1Whとは1Wの電力を1時間(3600秒)使用したときの値

である。

 

つまり「1W=1Jを1秒」という本当の基本形で覚えていれば、1Whは3600Jと簡単に答えることができるのである。

 

数字を暗記するのではない。

1Wは1Jを1秒と理解するだけなのである。

 

まとめ

1kWhは何ジュールか??

1kJは何kWか??

 

これらが分からないと失点する問題がある。

ここでの失点(損失)を無くすべく、記事にまとめてメッセージとして送ることにした。

 

是非とも、根底から理解し、換算に苦しむことのない生活を送って欲しい。