電験合格からやりたい仕事に就く

電験・仕事・電気資格情報を配信

電験2種理論科目の過渡問題の直前対策

大学の教科書を持っている人は強い。と以前お伝えしたが、この土壇場になって「やばい」となる気持ちはめちゃくちゃ分かる。

 

自分もホテルで解いている時期もあったし、今でも誰かに教える際には切り離した教科書を読み返す。

 

あと1時間で問題に対応できるようになるには下記の3パターンを勉強してほしい。

 

複雑に考えることはない。

・過渡解を求める

・定常解を求める(特解とも言う)

・上二つ足して一般解にする

・一般解にある定数Aを求める

 

以上だ。

これを知っておけば5問中3問は救えるし問題文に合わせて解ければ全問正解が狙える。

 

ここの分野に関しては自分はめちゃくちゃ得意分野なので自信を持って教えられる。

 

出張先からの手書きノートで申し訳ないが参考になるだろう。(教科書との確認済)

 

RL直列回路

f:id:denken_1:20200911195458j:image

f:id:denken_1:20200911195447j:image

 

エネルギーの式まで書いてあるので対応力は高いだろう。

 

やはり過渡減少は全パターン理解して式を書けるようにしとくと試験本番で強い。

 

RC直列回路

f:id:denken_1:20200911203137j:image

 

RLC直列回路

f:id:denken_1:20200911210313j:image

 

RLC回路はルートの中身で条件が3つに分かれるので問題設定でいくらでも複雑にできる。

 

がルート中身が0になるパターンを押さえておけばまず良いだろう。ほかはややこしくて収まりが悪い。

 

他が試験に出たら問題を見ながら当てはめていこう。積分を今から覚えるのはちょっと時間がない。他の復習をすべきだ。

 

そういう戦略を採ろう!!