電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

【理系30代40代】電気関係の仕事に強い転職サイト|この2つを使いこなそう

お疲れ様です。

 

電験の研究を続けている桜庭裕介です。

 

❑電験研究歴❏
トータル100年分の過去問を分析しています。

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

 

 

「電験を取った後、どう活用すべきか」

 

ここを徹底調査しました。

 

 

選択肢としては・・・

①社内で出世する
②転職してキャリアアップする
③フリーエンジニアとして独立する

 

大きく3つに分かれると思います。

 

しかし、一方で

①や③は上手くいかないことが多いです。

 

 

「①社内で出世する」

資格を取ったとしても、会社は会社。
出世のためには「上司に好かれること」が必須である会社はかなり多いです。というより、資格や仕事の出来で出世を決める会社ってあるの?というレベル。

 

古くから存在する一部上場企業であれば「飲み会」「雑談」が大事。

 

「③フリーエンジニアとして独立する」

電気設備を個人の会社(設立間もない)ところに発注する企業は実際少ないです。他社よりも、かなり費用を落とした発注だったりします。


今の世の中は「品質保証体制」「安全対策」がきちんと取られているかが重要だったりするので、電気工事できればOK!とはならないです。

 

 

こういった背景があって

「仕事を変える」「転職」

が一番資格を活かすことができる選択肢とされています。

 

【理系30代40代】電気関係の仕事に強い転職サイトを調査

今の世の中、転職サイトは溢れかえっています。


ネット検索しても多すぎて、何が何だかわかりません。「どのサイトを使えばいいんだ?」となるでしょう。

 

新卒であれば「マイナビ」「リクナビ」で間違いないでしょう。


しかし、30代、40代は変わってきます。

 

就職や転職の難易度が圧倒的に違いますし

そもそも中途採用を募集していない会社もあります。

 

 

「募集人数がほぼ0」なのに募集している企業もあります。

 

 

「え!?」と思うかもしれませんが

 

「本当に良い人材&マッチングした人材じゃないと採用しない」といったスタンスを取っている会社があるということです。

 

※校正後、配信します。