電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

【詳細分析】電験3種の電力科目の勉強時間はどのくらい必要なのか?

「電験3種の電力科目の勉強時間はどのくらい必要か?」という質問に答えていく。電力科目も徐々に難易度が上がっているのできちんと捉えておかないと大火傷することになる。

 

※校正作業中です。

参考書だけでなく、過去問を分析していくと、きっちりと項目分けしておかないと時間がズレてきたりする。設備の概要を学ぶ必要もあり、覚えることが多いと言われるだけの科目はある。

不合格になってしまう人の多くは「知識欠損」や「知識不足」が多い。出題範囲と深さを捉える工夫をしよう。

 

水力発電所の種類

水力発電所の水車の種類

水撃作用と比速度

水力発電所の出力

水力学の定理

汽力発電所の仕組み

汽力発電所の3つの熱サイクル

汽力発電所の熱効率

汽力発電所の環境保全

内燃力発電と速度調定率

原子力発電

新エネルギー

送電設備

表皮効果とコロナ現象

通信誘導障害対策

異常電圧防止対策

塩害防止対策

電線振動防止対策

変電設備

変圧器の結線方式

開閉器の種類

保護継電器

 

配電設備

配電方式

電圧降下計算

V結線計算

短絡電流計算

地絡電流計算

ケーブル充電電流計算

材料

 

昨日配信した「電験3種の理論科目の必要勉強時間」に関する記事です。歩みの基準にはなると思います。