電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

電気業界でホワイトの仕事を探してみた!【結論:ツール活用が鍵。仕事をどんどん試そう】

※現在(2020年4月)、最新情報の更新作業中です。今月中には最新の使えるツール情報を入れ込みます。コロナウイルスで混乱することもありますが、状況を見て戦っていきましょう!

 

お疲れ様です。桜庭裕介です。

本記事では「電気の仕事でホワイトの仕事」を探していく。記事の最後には「自分なりの価値観(楽な仕事云々)」を追記しておいた。

ただ先に一つ言っておくが、単純に仕事を探すと言っても簡単ではない。

 

自分の軸を見つめなおすことも必要だし、何より「優れた検索ツール」がいる。電気工事をするためには工具セット一式が必要だし、釣りをするにしても、いいポイントで良い竿、仕掛けが必要になるのと同じだ。

 

実際に自分が活用してみて、転職する際に役立ったツールや情報をまとめておいたので、活用して頂ければと思う。

 

【改定履歴】
・2019年  9月14日
・2019年12月20日
・2020年  2月26日
※最終的に自分の軸に合わせた時に、選択肢から消えた企業があった。お金で選んでいたためだ。そこは訂正させて頂く。

 

【筆者の転職活動経験】

① 26歳の時、未経験ながら超大手ゲーム会社に無理やり面接に行く。超プレゼンをし、現職での活躍から未経験でも絶対に活躍できる!ことを主張し、見事合格。

 

②31歳の時、生涯の本職として就きたい仕事を選定し、未経験ながら面接に挑み、見事合格。賃金交渉の末、残業時間10時間以下の好待遇を掴む。

 

電気の仕事でホワイトの仕事を探す|自分に合う仕事に出会う為に

f:id:denken_1:20190914165215j:plain

 

 以前、配信した記事(電気仕事で食っていく|終身雇用が崩壊するからこそ「電験」を。電験の待遇の良さは異常。|maco|note)でもお伝えしたが


今後の日本は終身雇用という安定制度は確実に消える。


だからこそ、自分に合う仕事を見つけ、自分が社会に価値を提供できるようにしておく必要があるのだ。


ただ仕事を見つけるためには「情報」が大切なのは言うまでもない。情報を集めるべく、自分の用途に合わせて最新のテクノロジーを活用して欲しい。


仕事を探す・転職と言っても、意外に労力がかかる。実際にやってみて気が付くものだが、大抵、会社探しの段階で挫折する。


だが、最新のツールや転職サイトを使いこなすことができれば、労力は大幅に減らすことが可能だ

 


「自分が望む条件だけを伝えて、ガンガンリストを作ってもらい、合間時間に精査する」といった方法が一番効率的だと自分は思う。

  

転職する際に役に立った情報

本書の目次

1.便利なツールを紹介

2.転職サイトを厳選する

3.自分からのアドバイス

 
※2019年12月追記
「ツールが使いやすかった」という声を頂きました。 自分もこれはオススメだと思います。

 

1.便利なツールについて

※2020年の最新ツールを整理中・改定作業中。

 

 

自分の使い方

f:id:denken_1:20190916214928p:plain

①口コミチェックをした会社名をエクセルにリストアップ


②面談を申し込む

 

至ってシンプル。(くれぐれも流し読みしないこと。迷う原因になる)

これだけでも、転職活動が終わるのでは??と思うほど便利だったりする。10年前は企業ピックアップが大変すぎましたが、今は口コミサイトからの検索でも十分だった。


自分はとにかくエクセルを工夫して活用していた。最終的には転職サイトでもチェックし、下記の情報をまとめあげた。

 

具体的にどんな情報をまとめたかというと・・・

・年収はいくらか
・残業はあるのか

・ヤバい口コミはあるのか
・社宅はあるか
・補助金はどの程度出るか
・どんな部署があるか
・仕事場はどの市にあるか
・離職率

こういった主要部分のまとめをすると、迷いがどんどんなくなっていった。これが俗に言う就職先の絞り込みである。

 

2.進化した転職サイト

2020年4月26日最新情報に更新

  

3.自分からのアドバイス

成功のコツは「自分を分析したらすぐ行動。動きながら微修正」

 f:id:denken_1:20190916215356j:plain

 

最後に、転職活動について、少しだけ先輩である自分からアドバイスをしておきます。


多くの転職経験者も仰っているのですが

「もっと早く準備しておけばよかった」

「もっと企業を調べればよかった」

この2点には注意しましょう。


これらに共通するのは「タイミング」

何事も一発で自分にとっての正解を選ぶことは難しいです。

  

それ故に、何度も挑戦してみて方向修正していきましょう。慎重になりすぎると、動けなくなります。

 

結局、先延ばしになりがちです。

そのため、転職するかしないか決まっていなかったとしても、まずは転職日を具体的に決めてしまうといいでしょう。

 

・ボーナスをもらってからやめる
・仕事の区切りがついた年度末でやめる

こういったざっくりのものでいいと思います。

ただ退職日の1ヶ月前には申し出る必要がありますので、想像以上に今の組織で働かなくてはいけないことは知っておいてください。バイトと違って手続きが煩わしいので早々に動いた方がいいです。

 

転職日を決めたら、情報収集です。

自分のやりたい仕事を徹底的に洗い出しましょう。企業は沢山あるので、現状の環境を変えるだけなら意外にも単純です。


どの転職サイト・エージェントも登録は5分以内には終わります。情報だけは仕入れる癖をつけておき、いつでもいい企業にアクセスできる実力をつけておくと自分自身が楽できるでしょう。

 

 

自分の仕事に対する価値観

※要望がありましたので、本心で全て公開します。

 

まとめ

 ❑厳選したツール❑

※最新版に更新作業中

 

 

 ❑厳選した転職サイト❑