電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

電気業界でホワイトの仕事を探してみた!【結論:ツール活用が鍵。仕事をどんどん試そう】

お疲れ様です。

 

桜庭裕介です。

本記事では「電気の仕事でホワイトの仕事」を探していく。記事の最後には「自分なりの価値観(楽な仕事云々)」を追記しておいた。


ただ先に一つ言っておくが、単純に仕事を探すと言っても簡単ではない。

 


自分の軸を見つめなおすことも必要だし、何より「優れた検索ツール」がいる。

 

電気工事をするためには工具セット一式が必要だし、釣りをするにしても、いいポイントで良い竿、仕掛けが必要になるのと同じだ。

 

 

実際に自分が活用してみて、転職する際に役立ったツールや情報をまとめておいたので、活用して頂ければと思う。

 

【改定履歴】
・2019年  9月14日
・2019年12月20日
・2020年  2月26日
※最終的に自分の軸に合わせた時に、選択肢から消えた企業があった。お金で選んでいたためだ。そこは訂正させて頂く。

 

【筆者の転職活動経験】

① 26歳の時、未経験ながら超大手ゲーム会社に無理やり面接に行く。超プレゼンをし、現職での活躍から未経験でも絶対に活躍できる!ことを主張し、見事合格。

 

②31歳の時、生涯の本職として就きたい仕事を選定し、未経験ながら面接に挑み、見事合格。賃金交渉の末、残業時間10時間以下の好待遇を掴む。

 

電気の仕事でホワイトの仕事を探す|自分に合う仕事に出会う為に

f:id:denken_1:20190914165215j:plain

 

 以前、配信した記事(電気仕事で食っていく|終身雇用が崩壊するからこそ「電験」を。電験の待遇の良さは異常。|maco|note)でもお伝えしたが


今後の日本は終身雇用という安定制度は確実に消える。


だからこそ、自分に合う仕事を見つけ、自分が社会に価値を提供できるようにしておく必要があるのだ。


ただ仕事を見つけるためには「情報」が大切なのは言うまでもない。情報を集めるべく、自分の用途に合わせて最新のテクノロジーを活用して欲しい。


仕事を探す・転職と言っても、意外に労力がかかる。実際にやってみて気が付くものだが、大抵、会社探しの段階で挫折する。


だが、最新のツールや転職サイトを使いこなすことができれば、労力は大幅に減らすことが可能だ

 


「自分が望む条件だけを伝えて、ガンガンリストを作ってもらい、合間時間に精査する」といった方法が一番効率的だと自分は思う。

 

厳選ツールのまとめ

【2019年9月14日追記】

「必須なもの、転職サイトを記事冒頭にまとめて欲しい」という依頼がああった。利便性を高める為にも、冒頭にまとめておきます。

 

自分がまず必須だと思うものは

「口コミチェッカー」

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  

 

※実際に勤務していた方の口コミは有り難いし、実態が知れる。経済界で大きな変動がある電力会社、大手メーカーがどういった現状かを知ると、恐ろしく感じる。

 

進化した転職サイト

昨今、転職サイトは目まぐるしい発展を遂げている。特に、マイナビは今やリクナビと肩を並べるほどの影響力を持った。ITにまで裾を広げている。

 

 

たとえ違う業種であったとしても、即登録しておくだけで、情報の取りこぼしを減らすことができる。(使わなくなったら、問い合わせから直接電話して止めてしまえばいい。)

 

1.マイナビ関連

自分のやりたい仕事について、ぼんやりでも思い浮かべる事ができるのであれば、扱う求人数が圧倒的に多いマイナビで詮索活動をすると良いだろう。(多くの方が発言している「リクルートとの比較」だが、その通りだと思う。マイナビの担当者はかなり動いてくれるし、実際に求人を絞り込む能力が高かった)


マイナビエージェント

「マイナビ担当者と相談して、自分の好みの仕事を見つけてもらえるのは有り難いシステム。条件を伝えて、求人のピックアップをしてもらうと楽。

 

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

「20代ギリギリなら「マイナビ20's」は得をする求人が多い。正確に言うと、待遇だけでなく、具体的な仕事も提示されるので話が早くて手間がかからない」

 

2.他業界(IT関係)を見てみる

エンジニアをやっていると、やり甲斐や待遇の良いゲーム業界やIT業界に惹かれることが多々ある。未経験を断る企業が多いのが特徴の業界だが、未経験を育てる体制を備えた企業もする。挑戦を考えているのであれば、一度相談してみるのはアリだ。

 

マイナビ×IT

IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェントに相談をしてみるだけでも、社会経験になるので価値がある。」 

 

IT専門転職エージェント@PRO人

「未経験の人間を内定まで持っていけることをPRしているエージェントは実は少ないのだが、ここは無謀な挑戦をも受け止めてくれる。本気ならここに相談しておくと良い。」 

  

 

 

 

結論だけ先にお伝えした。

 

ここからはじっくりと説明をしていく。時間がある時に勉強がてら読んで欲しい。

 

 

転職する際に役に立った情報

本書の目次

1.便利なツール

2.使える転職サイト

3.体験談

4.自分からのアドバイス

 
※2019年12月追記
「ツールが使いやすかった」という声を頂きました。 自分もこれはオススメだと思います。

 

1.便利なツールについて

f:id:denken_1:20190916215227p:plain

「Career Connection」

URL:10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

機能:ブラック企業・ブラック部署の検索ツール

 

 

 

 


ほとんどの企業の「口コミ」が確認できるものだ。

 

 

おそらく、現時点で最強のブラック企業・組織チェッカーだろう。

 

 

重要な事をここで問いかけておこう。(自分の戒めも込めて)

 

 

転職での最終目標は何だろうか??

 

 

自分は求人広告の待遇にばかり目を奪われていた時期があって、ビズリーチ(年収500万円以上の広告しか扱わない転職サイト)で検索をしまくっていた。しかし、これは自分の価値観と完全にマッチしていなかったのである。

 

 

転職の最終目標は

 

「希望の職場を見つけられるか否か」

 

である。

 

この認識がズレたまま、企業を検索していくと

 

 

ふと気が付けば

 

 

路頭に迷っている状態

 

 

となりがちだ。実際に自分も迷った経験がある。

 

 

終いには

・志望する企業の母数も絞り込めていない


・どこの企業も同じに見える(錯覚)

 

 

こういった悩みを抱え続けることになる。

 

そのうち、面倒になる。(転職エージェントさんからも話を実際聞いたのが、適当に企業を選んでしまうケースは多発しているそうだ。)

 


で、結局同じような会社を選んでしまう・・・これでは転職する意味がまるでない


このあたりの悩みを解消してくれるのが「口コミ投稿機能を持つサイト」


様々な口コミサイトを活用し比較してみましたが、今回紹介するキャリコネがダントツで検索ボリュームがある。違いすぎた。

 

自分の使い方

f:id:denken_1:20190916214928p:plain

①口コミチェックをした会社名をエクセルにリストアップ


②面談を申し込む

 

至ってシンプル。(くれぐれも流し読みしないこと。迷う原因になる)

 


これだけでも、転職活動が終わるのでは??と思うほど便利だったりする。10年前は企業ピックアップが大変すぎましたが、今は口コミサイトからの検索でも十分だった。



自分はとにかくエクセルを工夫して活用していた。最終的には転職サイトでもチェックし、下記の情報をまとめあげた。

 

具体的にどんな情報をまとめたかというと・・・

 

・年収はいくらか
・残業はあるのか

・ヤバい口コミはあるのか
・社宅はあるか
・補助金はどの程度出るか
・どんな部署があるか
・仕事場はどの市にあるか
・離職率

 

 

こういった主要部分のまとめをすると、迷いがどんどんなくなっていった。これが俗に言う就職先の絞り込みである。

 

運営会社の説明

f:id:denken_1:20190916215227p:plain

運営会社:株式会社グローバルウェイ(英:Globalway,inc)

URL:グローバルウェイ-Globalway,Inc.

 


この会社は本当に凄いと思う。
2004年に設立した会社なのだが、世にはない便利なサービスを届けるという目的のもとで多くのことを成し遂げている。企業紹介に記載されている「孤高の創造者であれ」という言葉の如く、新しい価値を我々に発信できている会社だ。

・ツール登録費用:完全無料
・登録時間   :2分~5分

自分の経歴を200文字入力が時間かかりますが、ある程度適当でもいいです。ただここでしっかりまとめておけると、後に色々な場面で役に立ちます。

 

 

※いくつか「口コミ検索サイト」を記載していましたが、不要と判断し削除しました。転職サイト等は基本2つ以上登録しておけ!という常識はありますが、口コミサイトはここで十分でしょう。

 

2.使える転職サイト・エージェント

f:id:denken_1:20190914165559j:plain

実は、ビズリーチや他の転職サイトも活用してきたのだが、自分の軸に合わせた時、給与はそこまで重要ではなかった。

 

最終面接に進む段階になり、休暇も取れないので時間もなく、面接に行く企業を絞りこまないといけない局面で気が付くことになった。

 

 

やはり大手のマイナビは強かった。

 

昔と違い、幅広い求人広告だけではなく、手厚いフォローもある。履歴書、業務経歴書も見てもらえたので、利用価値は高い。

 

しかし、最初付いた担当者はそこまでやる気がなかった。(昔ながらの浅くて広い対応のタイプ)

 

 

だが、途中で交代になった担当者のおかげで、認識は完全に変わった。

 

 

もの凄い熱量があったのである。即レスで情報を上げてくれた。

 

 

今はこういった担当者がマイナビには多いようだ。

 

 

口コミをチェックしても、マイナビの評価は軒並み高い。

 

・業界を変える

・未経験で飛び込む

・自分の経歴がマズイ

・高収入が良い

 

 

といった特殊案件以外は、王道の転職サイトで事が済むはずだ。

 

マイナビについて

 f:id:denken_1:20190916212454j:plain

 

広く浅く検索するという点ではやはり「マイナビ」が便利ですね。

 

優秀な担当者は企業のリストアップもしてくれて、書類の添削、面接対策まで教えてくれた。

 

 

筆記試験で出る問題すら教えてくれた。

 

 

データバンク量が他の企業とは段違いであることを知るきっかけとなった。

 

 

また、フェアイベントも多くやっていますし、初心者の方は活用しない手はないでしょう。(直接、企業と話に行くのは話が早い。面接日まですぐ決まる。)

 

 

 

成功のコツ|まずは行動。動きながら考える

f:id:denken_1:20190916215356j:plain

 

最後に、転職活動について、少しだけ先輩である自分からアドバイスをしておきます。


多くの転職経験者も仰っているのですが

「もっと早く準備しておけばよかった」

「もっと企業を調べればよかった」

 

この2点には注意しましょう。


これらに共通するのは「タイミング」


何事も一発で自分にとっての正解を選ぶことは難しいです。

 

 

それ故に、何度も挑戦してみて方向修正していきましょう。慎重になりすぎると、動けなくなります。

 

 

結局先延ばしになりがちです。



そのため、転職するかしないか決まっていなかったとしても、まずは転職日を具体的に決めてしまうといいでしょう。

 

・ボーナスをもらってからやめる
・仕事の区切りがついた年度末でやめる

 


こういったざっくりのものでいいと思います。

ただ退職日の1ヶ月前には申し出る必要がありますので、想像以上に今の組織で働かなくてはいけないことは知っておいてください。バイトと違って手続きが煩わしいので早々に動いた方がいいです。

 

転職日を決めたら、情報収集です。

自分のやりたい仕事を徹底的に洗い出しましょう。企業は沢山あるので、現状の環境を変えるだけなら意外にも単純です。


どの転職サイト・エージェントも登録は5分以内には終わります。情報だけは仕入れる癖をつけておき、いつでもいい企業にアクセスできる実力をつけておくと自分自身が楽できるでしょう。

 

使用したツール

10万件の企業口コミを覗く。キャリコネ  

※実際に勤務していた方の口コミは有り難い。口コミチェックは今後の基本になるだろう(貴方自身の経験も書き込んで、他の人を助けてあげましょう)


マイナビエージェント


 

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

※20代ギリギリはチェックしておくこと

 


IT専門転職エージェント@PRO人

※未経験の挑戦は一度エージェントに鍛えてもらうことをオススメする。ITの面接は思いの他シビア。

 

自分の仕事に対する価値観

※現在、記事の校正中です。要望があれば、ドラフトで配信します。