電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

明日の仕事が嫌|会社に行きたくない時は「言葉を浴びるといい」|活力を得る記事をまとめました

仕事の前日の夜はツラい

f:id:denken_1:20190929232919j:plain

明日の仕事が自分のしたくないような仕事の場合、まず地元に帰りたくなります。

 

全てを投げ出し、新幹線に飛び乗ってしまいたくなりますし、退職の手続きもいい感じにやっておいて欲しいと思うことも多々あります。

 

(転職代行サービスの使い勝手を調べるという意味では一度は経験しておきたいですが・・・おっと、また会社に行かない理由が浮かび上がってきましたね・・・)

 

 

ただそうも言っていられません。

 

家庭がある人は会社には行かないといけません。また、同僚に迷惑をかけたくないという思いがあれば、何としてでも出社しないといけないことはわかってはいます。

 

 

「なんだかんだ言いながら、寝て出社はするんですけども。」という方は多いと思います。

 

でも、行きたくない。

f:id:denken_1:20190929233106j:plain

その気持ちは社会人であれば、誰でもわかると思います。

 

ちなみにこの画像はモンサンミッシェルというフランスにある素晴らしい場所です。めちゃくちゃ行ってみたいと思います。できれば今からでも向かいたいぐらいですね。

 

定年間近の経験豊富な社員も「月曜日は会社に来たくないなぁ」などと発言したりするくらいなので、一生付き合っていかないといけない感情なのかもしれませんね。

 

 

また、独立した人、自営業をしている人といえど、月曜はこういった気持ちになることをご存じでしょうか。

 

ここを知ると、気持ちが軽くなりますよ。(多くの方が自営業の方は気軽だと勘違いをしているためです。)

 

独立と言っても、結局は全責任を背負って社会に価値を提供しているわけですから、会社員よりもプレッシャーがかかっています。

 

※自分は出版社からのメールは特に心臓に刺さるような思いを毎週しています。

 

「会社に行きたくない」感情は何故起こるのか

知人と話をする中で

「逆に会社に行きたくなる瞬間ってある??」という話になりました。

 

 

自分は、やらされている仕事に対してはほぼ思ったことがないです。

 

結局、やらされている仕事というのは「答え」が必ずあるもの。「正解」のルートが存在していることが多く、そのルート通りに進まないといけないのです。

 

少し話が逸れますが、これはファイナルファンタジー13で酷評されていた「1本道」と同じ理由でしょう。

 

要約すると

「退屈」で、やる価値が見いだせなくなってしまうということ。

 

少し間違えて指摘を受けると
「このルートでも別に良くない!?」となるのです。結果を見ると、複数のルートが正解だったり。

 

「過去の実績がこうですから・・・」となると、頭を使って工夫をして仕事をする価値がなくなります。

 

 

一方で、先輩方が新しくルールを追加したりすることがあります。

 

これはこれで厄介なことが多い。いい方向に向かうものであるならばいいのですが。。。

 

 

こういった不満は、業務内容がルーティンワークの職業に就いている方が抱いていることが多いです。

 

 

自分は以前、不満をため込むタイプだったのですが・・・色々工夫する中で「仕事に行きたい」とならずとも

「行ってもいいかな、あれだけは試したいな」などと考えることができるようになりました。

 

20代中旬でこの精神コントロールを覚えたことに価値を感じています。(ブラック組織の中で、腐らずに頑張ることができたのは大きな経験値となりました)

 

「会社に行きたくない」感情をどうにかできんのか??

f:id:denken_1:20190929233521j:plain

自分はこの感情と上手く付き合うことができている方だと思います。

 

 

メンタルになったこともないですし、暴飲暴食をしたこともないです。どうしようもない時はお酒には頼ってしまうこともありますが、缶チューハイ1本~2本で寝れるので良い方かと。

 

基本的に自分は

「仕事に行きたくない気持ち」を打ち消すために「言葉を浴びる」ようにしています。 

 

 

自分の言葉で、多くの方の心を安らぐことができればと思って、最近は記事を書いています。

 

感情を整えて、前に進む気力が湧く記事や動画まとめ

日曜日にアクセス数の多い記事をまとめました。
仕事に行きたくないが、どうにかしなくては・・といった方にオススメの記事と動画をまとめています。

 

人気No.1記事

頑張ってきた方の話を聞くと、誰もがツラさを乗り越えて大きな仕事を成し遂げたことを知ることができます。筋肉トレーニングと同様、重い負荷を一度経験すると、今まで抱えてきたものが軽く感じることができるので、他人の苦労を覗いてみるとよいでしょう。

 

 人気No.2記事

「やりたいことができなくなる」という制限が苦しさの原因だと考えて、行動してみた記事。かなり会社に行きたくない気持ちを軽減することができる。最終手段は「お酒」である。意識が朦朧として寝ることは可能だが、できれば控えたい。ただ好きな動画を見ながら、音楽を聴きながらお酒を飲むのは至福すぎる。

 

 人気No.3記事

 「がっつり不幸話」を見るというのもありです。相当、地獄を見た経験をまとめました。今の時代でも電気業界はブラック企業が存在しますので、よその腐った芝生を見るのはいいですよ、まだマシという精神状態にもっていけます。

 

人気No.4記事

完全にプラス思考に持っていく記事。
自分が現場業務が多かった時の話です。今は現場を大切にする時代ですので、現場が多い人は視点を変えるとダルさをやる気に変えることができるかもしれません。少なくとも、知識は手に入るので現場業務は価値が高いですよ。せっかくなら、技術も吸収しましょう。絶対に自分のためになります。


人気No.5記事

電験の勉強時間をどう確保するかといった観点で、仕事について考えています。「残業時間を減らしてやる」といった気持ちで仕事に行くことも良いものです。無理ゲ―だと思うこともありますが、定時に帰れると嬉しいものです。ちなみにこの本はたまに読み返すほど面白い本でした。

 

Amazon Primeがめちゃお得な時期だという話

これは正直寝れなくなるので、微妙。だが、休日の夕方ぐらいなら効果的。AmazonPrimeで「本が無料で読める」「動画が見れる」。特に単行本、ビジネス本がまるまる1冊読めることを最近まで知らなかった自分としてはかなり損をしました。出勤途中に読もうという活力の見出し方もありですね。「ショーシャンクの空に」はかなりオススメ。仕事は「まぁ適当でいいか」と受け流せるようになるので。前半部分の刑務所内を散歩したり、屋上でビールを飲むシーンは最高。