電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

電験3種には「裏技」「点が取れるテクニック」があるのか。

「電験で使える裏技はありますか??」

今日はこの質問に答えていきます。

以前、自分も気になって色々検索したことがあります。


とにかく試験日が近くなると、増える質問ですね。特に勉強時間を確保できなかった方が調べる傾向が強いと思います。


勉強せずに正解の選択肢がわかる方法はあるのか・・・

f:id:denken_1:20190822220428j:plain

 

裏技で正解を求めることはできるのか

「できない」



これが結論です。

あるといいのですが・・・残念ながら、現在存在せず、誰も発見できていないです。



10年以上前であれば
「多数決法」などといった攻略法が流行りました。

電験3種では下記のような問題が約3分の1を占めます。5つの選択肢の中から正解を選ぶのだが(ア)(イ)(ウ)(エ)といった具合に4問解かなくてはいけないといった特殊な問題形式である。

 

f:id:denken_1:20190822221907j:plain



具体的にどんな方法で正解を求めるかというと
(ア)(イ)(ウ)(エ)の中で多数を占める選択肢側が正解だと推測する方法だ。


(ア)であれば赤の囲いの「反発力」が正解
(イ)であれば緑の囲い
(ウ)であれば・・・


といった推測をし、選ぶ選択肢を決めるのである。


ただし、最近の電験では全く通用しないので、気休めにもならないことを覚えておいて欲しい。こんな技を使うのであれば、一生懸命問題を解いた方が100倍いい。

 

点が取れるテクニックはあるのか

テクニックは存在する。

知っている方も思いつく方も結構いる。
だが、未だにこのテクニックを使わない方もいたので、今回の記事でお伝えしておく。


これは受験テクニックなので知っておくと、難しい問題を解く際に役立つ。

 

テクニック①
解ける問題から解いて選択肢を狭める

これを行うと、具体的にどうなるかを説明する。


例えば、先ほどの問題を見てみよう。
難関の電験3種問題といえど、実は(ア)問題は簡単に解くことができる。


つまり、選択肢の(2)(5)は正解にはなりえないということが分かったのです。

 

もともと20%の正解率だった問題を正解率33%まで引き上げることができました。


今回は(ア)が簡単だったが、(ウ)(エ)が簡単な場合もあるので全体を見てから回答すべきであることを伝えておきます。

 

他のテクニック

※別途追加します。