電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

しつこい転職エージェントは実は超有益【結論:上手に扱おう】

今回の記事は少し過激なタイトルです。(何故なら、新規の転職エージェントさんがあまりにも横暴だったからです)

 

挨拶からいきます。

 

お疲れ様です。

 

電験を研究し続けている桜庭裕介です。

 

 

最近は「仕事」に関する情報配信を意識的に増やしています。

 

 

なぜなら、転職者の面接シーズンだからです。
役立つ情報をできる限り、毎日配信していきます。

 

 

※知らない人もいるかと思いますので、少し解説しておきます。「転職ブーム」などと今の世の中、言われていますが、良い企業は採用時期が結構決まっていることが多いです。来年4月から新しい会社で働きたいのであれば「12月中旬~1月」で必要書類を提出し、面接を受ける必要があります。(スケジュール感については別途記事でお伝えします)

 

 

そこで今日は

「転職エージェントの使い方」について、アドバイスをしたいと思います。

 

 

自分はこれまで仕事柄、転職エージェントをかなり活用していました。そのため、ヤバい方と数回やり取りしたこともあります。(今も付き合いがありますが)

 

そういったヤバい人に出会ったとき、どうすれば良いか

 

ここを中心に解説します。

 

しつこい転職エージェントはどこにもいる

実はどこの転職エージェント会社にも

 

「しつこい人」

 

はいます。これは間違いないでしょう。

 

断言できます。

 

なぜなら、エージェントには「ノルマ」が与えられていて、斡旋しないといけない企業が決まっているからです。できるだけ斡旋報酬が高い企業を紹介したいという裏の事情がエージェントにはあります。

 

  

ただし、全てのエージェントが私欲の為に動いているとは限りません。(エージェントもそんなに頑張っても、エージェント自体が沢山報酬を貰えるわけではないからです)

 


1点だけ認識しておいて欲しいのですが

 

 

【人によって、感じ方が違う】という点

 

 

ここは忘れないで下さい。

 

 

どういうことかと言うと・・・

人には好みがあって、好きと嫌いのゾーンがそれぞれ違うということ

 

A君にとっては「良いエージェント」でも、B君にとっては「悪いエージェント」だということが起こり得るということです。

 

 

これは仕方がないことだと思います。

 

むしろ、自分に合う人間がほとんどだと思っている方が間違っています。

 

 

気の合わないエージェントは変えてもらおう

人には好き嫌いがあります。

 

・要件をピックアップして、企業を絞り込むエージェント


・プログラミングのようにステップを踏んで企業を選定するエージェント


 

・あまり推してこないエージェント

 

・フレンドリーに話ながら、適当にピックアップするエージェント

 

 

これまで沢山のエージェントとお話しをしてきましたが、大体この4パターンかと。

 

 

上2つの場合、好みがはっきりと分かれます。実は自分は一番上が嫌いで、二番目が好きです。

 

何故なら、どういう根拠、どういう条件で企業を絞り込んだかわからないと、抜けがある可能性があるからです。(たった数日で全てを任せるぐらいの信頼をエージェントにおける関係性を築ける人の方が少ないかと思います。)

 

 

これはワンポイントアドバイスなのですが

 

「気が合わない」と思ったら、担当者変更をすぐに言いましょう!

 

 

お互い不幸になりますので、即申し出た方がいいです。

 

 

実際に申し出てみると

 

「分かりました」といった具合に即変更してくれます。

 

 

気が合わない本人に言うのは、気まずいかと思います。

 

 

転職エージェント窓口に電話すると、大抵、取り次ぎ役の「お姉さん」が出ますので、その人に「変更して欲しい旨」を伝えるといいでしょう。即日、別の担当者から連絡が来ると思います。

 

しつこい転職エージェントは役に立つ

ここからは「転職エージェント」の攻略法になります。

 

しつこい転職エージェントが嫌だという方がいますが

 

実は「使い方次第」でめちゃくちゃ良い結果を導き出すことができます。

 

(人を使うという表現が良くなくて申し訳ないです。これが一番分かりやすいですし、しっくりくるので、あくまで「エージェント」というサービスを使うということで了承下さい)

 

 

どういう意味か、少し解説します。

 

 

しつこいエージェントさんは、少し観点をずらして雑談をしていくと分かるのですが

 

 

「仕事熱心」であることが多いです。

 

 

数年前だと、大手企業はエージェントというサービスがまだ普及していなかったこともあり「クズ」みたいなエージェントもいました。

 

 

とにかくブラック企業を斡旋するというエージェントです。

 

しかし、今は大手企業も参入し、口コミサービスも普及しました。掲示板もtwitterもあります。

 

変なことをしていると、1ヶ月もあれば知れ渡ってしまい、企業の信頼を落とすことも起こり得ます。そのため、現在は「仕事熱心」「転職者を本気で応援したい」といったエージェントが多くなりました。

 

しつこい転職エージェントには要求をはっきりと伝えるといい

エージェントは何十人という転職希望者を相手にしています。

 

「訳が分からない」というぐらいに混乱している人もいます。単純に忙しいのです。

 

 

そのため、勘違いして話を進めてくる人もいるくらいです。

 

 

そこで自分がオススメしているのが

 

「要求をしっかりと伝える」

 

「メールで伝える」

 

この2点です。

メールというエージェントが後で記憶を思い出せるツールは絶対活用しておいた方がいいです。

 

メールの件名に工夫して、あとで検索しやすいようなものにしておきましょう。

 

 

【残業10時間以下】や【〇〇市限定】といった文言を件名の頭につけるというのも有効です。

 

 

こうやって、条件を絞り込むことでエージェントはその条件下で一生懸命、企業検索をしてくれます。

 

分析結果をまとめてもらうともっといい

「建設設備データベース」という転職エージェントがあります。

 

「プラント」「工場」の企業に特化した老舗の転職サービスを提供する企業です。(この職種を電気系から希望する人は少ないかな。割と好条件なので、Twitter等では伝えていません。)

 

 

ここのエージェントさんは基本的に企業分析した結果を「PDF」にして送付してくれます。

 

これは有り難いです。

印刷しておいて、隙間時間にチェックできるからです。

 

 

これを知っておくと、得をします。

 

違う企業のエージェントにも同じようにまとめるように要求できるからです。

 

 

遠慮することはないです。

あなたが転職エージェントを使って、転職すれば転職先企業からエージェントには「あなたの年収の1/3~1/2」が支払われるのです。

 

 

こういった仕組みがあるので、転職を扱う企業が増えるわけです。

 

まとめ

以上「しつこい転職エージェントにはきっぱり要求を言うといい【使い方次第で化けます】」の記事となります。

 

「しつこい転職エージェント」をどう利用するかといったことをお伝えしました。

 

 

もしお困りのようでしたら「条件を設定する」ことから試してみて下さい。

 

 

よほどのエージェントではない限り、条件から外れる企業を斡旋してくることがなくなりますよ。

 

それからでも、担当者変更をするのは遅くはありません。

 

 

❑環境チェンジに役立つ記事❑

Renew!! 手堅いエージェントサイトのまとめ


ブラック企業を探すツール:口コミチェッカー

 

❑電験関係で役立つ記事❑

電験問題集&参考書の選び方の教科書【結論:選定基準が大事】

 

【電験完全攻略】第3種電気主任技術者試験攻略手順(2019年版)