電験合格からやりたい仕事に就く

「電験攻略資料」と「仕事の有益情報」を配信

転職活動の最終面接に行きます【ブラック企業のアジト潜入】

転職活動の最終ステージ「役員面接」で戦った話を綴っていきます。最後は賃金交渉をし、1時間を超える闘いをした話をまとめました。

 

※選考が進むにつれて、求人広告が変化していく様子も記録しています。今後、転職をする人にとって、一つの指標になればと思う。

 

【2020.1.18追記】
給与については、きちんと話をしないと騙されかねないという結論に至りました。面接合格後にお金の話をする企業が多いです。しかも、求人広告より若干低い金額を提示してきたり。戦い続けています。

 

 

こんばんは。

電験と電気業界を研究し続けている桜庭裕介です。

 

❑電験研究歴❏
トータル100年分の過去問を分析しています。

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

≪実績≫

❑電験3種関係❑

【電験|電力(水力発電)】水車まわりの記事がそのまま試験に出題されました


❑電験2種関係❑

電験2種|機械【結論:ポイントを押さえて選択肢を減らす攻略法は有効だった】

❑TOEIC❑
電気エンジニアTOEIC攻略までの道のり【800点までは取れた】

 

 

昨日、下記のツイートをしました。

 

今日の記事では、この話を掘り下げていきます。

 

1.ブラック企業の役員面接はどんな感じだったか


2.賃金交渉を勝つ為にどう戦ったか


3.そもそも課題が多すぎた

 

このあたりを中心に話していきます。

 

 

本題に入ります。

 

そもそも転職は課題が多くて大変だった

面接の話をする前に伝えておきたいのが

 

「面接にたどり着くまで課題が多くて疲れた」

 

ということ。

 

サラリーマンにとって、平日に課題を完成させる時間はあまりないはず。普通にきつかったです。1社なら良いですが、複数受けていると、しんどいですね。

 

 

そして、選考が進む中で気が付いたのが

 

「ブラック企業は総じて、課題提出が多い」ということ

 

 

しかも

 

手書き指定があったりする

 

 

とにかく根性を試されているような感じがしました。

 

 

さらに

 

提出期限が短い

 

ブラック企業だからといった理由はありませんが、大企業なら1週間後に1500字の小論文持ってきてね!という連絡はしないと思います。しかも、制約が盛りだくさんで手間がかかる課題。

 

 

「期限に対するだらしなさ」が企業の風土として醸成されてしまっている感じがしました。

 

いよいよSPI!!

きちんとした準備ができていなかったので、普通に苦戦しました。最近はSPIも進化しているので、10年ぐらい前の感覚でいくと、びっくりするでしょう。

 

注意点も含めた攻略情報を記事にまとめておきました。参考にして頂ければと思います。

 

※WEB形式が進化して、その結果が面接で使われるのが厄介。

 

 

SPIの最中、採用担当が本を読んでいる

これはちょっと驚きましたね。

 

「さすが、ブラック企業だな」と感じました。

 

採用担当は「ここが休憩時間だ!」と言わんばかりに休んでいました。朝お会いしたときから、疲れている感じが漂っていたので、仕方がないと思って気にかけないようにしていました。

 

そんなこんなでSPIが終わり、あることを告げられます。

 

SPIの結果は面接で使用されるから注意

もうすでに時は遅し。

 

今の時代、SPIは即結果が届くシステムに進化していました。しかも、性格診断も即印刷可能だそうです。

 

 

実際、面接ではSPIの結果を踏まえた質問も受けました。

 

 

性格診断テストが難しくて、どうしても矛盾してしまう結果を出してしまいました。(慎重派 or 行動派を問う問題等)

 

 

性格診断テストで回答した内容に

「どうして??」「性格が矛盾しているのか??」

 

といった質問をしてきました。

 

 

健全な企業でも、こういったことはあったので、これは最早「世の中のスタンダードになっている」と考えて良いでしょう。

 

 

では、実際の面接での話をしていきます。

 

錚々たるメンバーがお待ちかね

ブラック企業は「基本的に面接をして下さる面接官が多い」と感じました。

 

 

大抵は「人事部長」「事業部長」くらいでしょう。(逆に、これ以上に人数を増やしても意味がない)

 

 

今回、面接を受けたブラック企業はどうだったかというと・・・

 

 

役職級4人!!

・人事部長
・総務部長
・事業部長
・戦略部長

 

という錚々たるメンバー。

 

 

かなりの圧迫感がありました。

 

正直、賃金交渉などと発言できる場ではなかったです。

 

間合いを取れていない状態で、賃金交渉をしたのであれば、潰されたでしょう。(「今の若い者は苦労を知らん」などと罵倒される可能性は高い)

 

質問が多くて、自分から質問できない

これもまた厄介でした。

 

面接官の4人はそれぞれが質問を考えてきていたので、約40分ずっと質問を食らい続けました。

 

 

優良企業だと、面接官の人数も少ないし、そもそもゆっくり話ができる環境を用意してくれていたりします。

 

 

「面接官が多い=質問が多岐に渡る」と言えて、そのぶん回答もしづらいので、面接練習はしっかりとしておかないといけないことを学びました。

 

 

ここまで圧倒的に不利な状況が続いているのですが、ブラック企業はここを逆手にとり、最後に賃金提示をしてくるケースが多かったです。

 

実際、SPIに失敗して面接も苦戦していたら、余程の強い人でなければ「賃金交渉」はできないと思います。どうしても、引き目を感じてしまうため。

 

※ちなみに、めちゃ賃金交渉したところ、今回受験したブラック企業は合格発表後に「賃金の体系は教えます」と言われました。

 

残業時間の話が出てくる

だんだん話が進むつれて、とんでもない矛盾のある話をされました。

 

 

当初から予想していた通り、建設業界はやはり「ブラック」でした。

 

 

実際のやり取りを記載しておきます。

 

 

役員A「大変申し上げにくいことなんだけど・・・残業時間平均20時間~30時間という求人広告なんだけど・・・」

 


自分「はい」


役員A「当然、企業には繁忙期はあってさ。残業上限ギリの月もあることは知っておいて欲しいなぁ」


役員B「あなたも社会人なら、わかってくれるよねぇ??」


自分「・・確かにトラブルがある時は何とかしないといけないですもんね」

 

役員A「でも、親会社よりは良いよ。親会社は毎月45時間だもん。というより、45時間以内であれば、問題ないからそこまではね。基本的に企業としてはやって欲しい訳ですよ。昔はね・・・ごちょごちょ」

自分「・・・」

 

役員B「減らそうとはしているんだけど、限界はあるよね」

 

役員B「君が入って、変えていって欲しいな」

 

給与が残業込みなのかどうか不明な話をしてくる

「エンジニアなら、求人広告に記載している給与の根拠、数値の根拠をきちんと話して欲しい」

 

はっきりと伝えました。

 

残業なしで、年収400万円なのか

 

残業20時間で、年収400万円なのか

 

※ちなみに、残業時間0で年収400万円は日本の企業で言うと、最高クラスだと思います。(「ノルマなし」「持ち帰りの仕事なし」「仕事も大変ではない」という条件で)

 

ところが・・・

 

「残業20時間は、1日あたり1時間の残業だから気にしなくていいレベルだよね??」

 

などと発言をした役員の方がいました。

 

 

 

 

それは間違っています。

 

 

 

ここもはっきりと伝えました。

 

 

 

そういう雑な管理こそが

 

「月30時間の残業を許容する風潮を作り、残業に依存する労働環境を作ってしまうことに繋がる」

 

 

 

そう発言をしました。

 

 

 

これが、これまでの経験から形成された「自分の考え」だからです。

 

ブラック企業の主張「サービス残業20時間込みの年収〇〇〇万円が普通」

役員C「普通ね、求人広告のね。給与はね。残業代込みなんだよ!!」

 


口調が少し変わりました。

 

これは、明らかに押し込もうとして勝負を仕掛けてきたなと感じました。

 

 

自分「・・・」

 

 

少し沈黙がありました。

 

 

いや

 

 

 

沈黙で威圧をしました。

 

 

 

約10秒ぐらいだったと思います。

 

 

 

自分「エージェントに確認してみます」

 

 

 

 

ざわざわ・・・

 

(役員が司会進行をしている人事を見て、戸惑っている)

 

 

 

役員C「おお、ちょっと待ってくれ。一般的にそうだという話なんだよ。わかって欲しいなあ」

 

 

 

これは法律上もそうですが、事実として間違っています。一般的ではありません。

 

 

自分はこれまで多くの企業と接触をしてきましたが、残業のない企業は確かに存在します。

 

もっと正確に言うと

 

「残業15分以上したら、きちんと記録される仕組みを作っている会社はある」ということ

 

一方で、どうしても現場がある職場は「現場から事務所に戻る時間」があったりするので、少しだけ定時を超えてしまうことがある。

 

この15分~30分は目を瞑っている企業は多くあると思います。(法律上、アウトではありますが)

 


この程度なら、自分は許容範囲かなとは思います。(移動時間は脳をそこまで使っていないので、個人的にまだ許せる)

 

エージェントを通して、給与交渉をしてもらおう

※追記していきます。

 

 

まとめ

以上「転職活動の最終面接に行きます【ブラック企業のアジト潜入】」の記事となります。

 

今回の経験から学んだことは

①企業とは給与交渉すると、給与は上げることができる


②求人広告の給与は残業20時間込みの場合がある

 

今回対決したブラック企業ですが、仕事内容は魅力的だったので、状況によっては入社しようと思っていました。

 

しかし、この企業は「本社と現場が完全分離している」という特徴を持っていて「若い内は給与が上がらない(正確に言うと、現場責任者(所長クラス)になって給与が高くなる)」という給与体系を持っています。

 

残業がないのであれば最高の給与でしたが、やはりごまかした給与体系でした。

 

 

※会社の実名を出すと、問い合わせを喰らう可能性があるので控えます。

 

 

今度の記事では「ヤバそうな企業だなと思ったら、必ず面接で聞くと良いこと」を紹介します。

 

 

❑電験関係で役立つ記事❑

電験問題集&参考書の選び方の教科書【結論:選定基準が大事】

 

【電験完全攻略】第3種電気主任技術者試験攻略手順(2019年版)

 

❑仕事探しに役立つ記事たち❑

ブラック企業で苦労した話まとめ

ブラック企業を探すツール:口コミチェッカー